忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403]
発生頻度は低いのですが、3手詰めの処理の中で落ちることがある不具合などを修正しました。
実行ファイル一式は容量の関係でブログに上げられないので、Vectorでの公開をお待ちください。

ダウンロード ソースコード(約200KB)

変更としては
・王手の判断
・王手千日手の判定
・若干のリファクタリング
で、強さに影響はほとんどないと思います。

1手200msでVer.0.2.2との300局の対局では154勝142敗4と有意差がないレベルでした。
Vector公開後、WCSC26向けにライブラリ登録しようと思います。

※22:49追記:ファイル差し替えました。Copyrightの表記の「2014-2015」を「2014-2016」に変更したのみです。

※1月5日追記:残念ながら、使えるコンパイラが限定されます。
  VS2005 : △ types.hのUINT64_C(x)の定義の (x ## llu) を (x ## ull) に変更する。
  VS2012 : △ 同上(おそらくVS2008もVS2010も同様)
  VS2013 : ◎ 変更不要
  VS2015 : × 対応していません
PR

コメント
NanohaMini022の32bitとgpsfish-20130817.1.1-win32の対局において、興味深い現象が起きたので報告です。
ShogiGUIに定跡登録し、まったく同じ定跡を別ソフトで使用(登録定跡の良し悪しによる差分をより小さくするため)
①nanohaminiを探査深さ14くらいの設定時間(私のPCで2スレッド2秒)で、Gpsfishを同時間設定(私のPCで2スレッド2秒)にすると探査深さ11くらいになる。
この条件の勝率は100局中、nanohamini=33%とR100ほど弱い
②Gpsfishの時間設定を①のまま(私のPCで2スレッド2秒で探査深さ11くらい)、nanohaminiを同時間設定(2秒のまま)【スレッド1の2エンジン合議】にすると探査深さ14→12くらいとスレッド2より下がる(当たり前だが)
しかし、この条件の勝率は100局中、nanohamini=50%とGpsfishと互角になり、スレッド2よりスレッド1の2台合議のほうがR100ほど強くなった
このことから、初期の探査木の枝狩りの難しさと、合議やMulti_PVはそれなりの深さ以上読めれば有効であると思いました

NanohaMiniくらい、いろいろ簡略化してNPSが出るソフトの場合Multi_PV化したほうがあきらかに棋力が向上するのでは?と思います
ShogiGUIの公式HPだとgpsfish_minimalのmultipv対応版のバイナリを作ってくれてたりするのですが、NanohaMiniのMulti_PV化版を作ってくれないかなぁなんて思っています。
【2016/01/24 22:05】 NAME[なのはminiふぁん] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析