忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Visual Studio Community 2013が公開され、Professional 相当の機能が使えるようになったので、PGOをやってみました。

参考:ガイド付き最適化のプロファイル

Ver.0.2.1.1のなのはminiソース版のMakefile.vsを参考に。

手順
1.VS2013 x86 Native tools Command Prompt (または VS2013 x86 Native tools Command Prompt)を起動します。

2./GL オプションをつけてソースをコンパイルします。

3./LTCG:PGI オプションをつけてオブジェクトをリンクし、実行ファイルを作ります。

4.実行ファイルを適当に動かします。
       すると アプリ名!#.pgcというファイルができます。#は1からの連番

5.pgomgr /merge アプリ名.pgd とすると、4で作られたpgcファイルが集約されます。

6.pgomgr /summary アプリ名.pgd とすると、プロファイル情報が表示されます。
       ファイルにリダイレクトしてボトルネック解析にどうぞ。

7./LTCG:PGO オプションをつけてオブジェクトをリンクし、実行ファイルを作ります。

以上。

ちなみにnanohamini.exeでは手順6で
                                     entry  static       dynamic     %     run
Function Name                        count   instr         instr  total   total
Thread::idle_loop                     2133     127   10728720947   20.1   20.1
Position::evaluate                 2512306     218    8087292496   15.2   35.3
Position::make_list                2511982     616    4634873412    8.7   43.9
Position::do_move                 12360003     608    2171309712    4.1   48.0
Position::undo_move               12359908     627    1732426533    3.2   51.3
のような感じの結果が得られ、Position::evaluate関数で15.2%の時間がかかっているということがわかります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
最新CM
[01/20 Bradleyevece]
[01/19 TimothyErund]
[10/21 おてだま]
[10/20 おてだま]
[01/24 なのはminiふぁん]
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析