忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
将棋の初心者がたった10ヶ月でアマチュア1級を取る方法という記事を参考にして、将棋ウォーズ二段を目指す!

まずは「1、まずは将棋漫画を読む」からだっ!
PR
bitboardの操作で  a & ~b としたいときに、NEONでSSE2と同様に処理するためにどう書くか確認してみた。

SSE2では_mm_andnot_si128(__m128i, __m128i)を使い、最初の引数に~が適用されるため、
_mm_andnot_si128(b, a);
と書く。NEONではvbicq_u32(uint32x4_t, uint32x4_t)を使い、SSE2とは逆に第2引数に~が適用されるため、
vbicq_u32(a, b);
と書く(引数の型により関数名は適宜変える)。
最近の上位ソフトは将棋フリーソフト rating on single machinesというところでしっかり計っているので、ちょっと前のソフトや上位でないソフトがどのくらいかをなのはmini / なのはnanoを物差しにして計ってみました。といっても、測定条件や相性もあるので目安ということで…。

テスト用PC:Core i5-3470(3.2GHz TB3.6GHz)、4コア4スレッド。
対局条件:初手より秒読み1手1秒、256手で引分、引分は0.5勝。
ソフトの設定:Ponder=off, 定跡=on, Hash=512MB, スレッド数は4(Bonanza3.0までは1)。Bonanzaは10000で投了。

前述のサイトの「なのはmini=2629」基準にする。下位4ソフトはなのはnanoを基準に算出。
ソフト Rating
Apery_WCSC25 3141
沙夜ちゃん 0.1.2.5 2997
Bonanza 6.0 2924
OkaraManju_May 7 2016 2804
GPSfish0.2.1+r2837 2756
Bonanza 4.1.3 2699
NanohaMini 0.2.2.1 2629
NanohaNano 0.2.2.1 2437
Bonanza 3.0 2409
Bonanza 2.1 2304
Bonanza 1.2 2285

まぁ、こんな感じでしょうか。
前述のサイトではAperyWCSC25=3128、OkaraManjuWCSC25=2810なので、これらは誤差少な目ですが、Bonanza 6=2758、GPSFish=2854なので、誤差が大きいですね。
なのはminiはBona6を苦手にしていて、GPSFishにはレートの割には勝つということなんだと思います。

ということで、まったくの新規開発の場合、LesserKai、ssp、Bonanza1.2、Bonanza3.0、なのはmini、Bonanza6.0、AperyWCSC25、…とステップアップを図るのはどうでしょう?
Raspberry Pi2でなのはminiのbenchを動かしてみました。
だいたいCore i5-2520M(2.5GHz)のだいたい1/8~1/10くらいの速度でしょうか?
Machine Raspberry Pi2 レッツノート
CPU ARM Cortex-A7 900MHz i5-2520M 
2.5GHz
比率
指し手生成(祭り局面) 194.7 k/s 1.639 M/s 11.9%
指し手生成(初期局面) 324.7 k/s 2.500 M/s 13.0%
探索(1コア) 318.2 knps 1,940.2 knps 16.4%
とりあえず、忘れ物をしないようにチェックリストを作成しました。
最近はPCを郵送にしているので、手持ちと送付用と分割。
公式の案内との比較では、名刺、A4クリアファイルが抜けていました…。orz
今から名刺作っている時間なさそうだなぁ…。




忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
最新CM
[08/26 CharlesKix]
[01/24 なのはminiふぁん]
[01/08 sakura]
[01/05 sakura]
[04/27 C++初心者]
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析