忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも指し手がおかしいので、1手+静止探索を駒割だけの評価で確認している中で見つけた問題。
図はコンピュータ将棋の進歩2のNo.10の局面。
ここから1手+静止探索をさせたとき▲52金打△33玉▲53金と銀得する手を読んで欲しかったのに、実際は▲11龍。
調べてみると▲52金打がいい手というわけでなく、1手+静止探索は何を正着にすべきかわかりませんでした。
shinpo10
ソフトの読みとしては以下のとおり。
(1) ▲52金は王手なので、1手延長が入り、△33玉の後に静止探索に入ります。で、静止探索の中で3手詰めを読んでいるので、▲何か取る手の後、後手から△25飛打から詰んでしまいます。
(2) ▲11龍の後、静止探索に入ります。ここでも後手から△25飛打から3手で詰みますが、PVでないため1手詰めしか読んでなく、詰まない=香得という判断をしている。

ということで、今のプログラムだと3手詰めがある局面はちゃんと読めないということがわかりました。
まぁ、実際は▲52金打から後手玉を詰まして勝ちになるわけですけど。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析