忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]

今まで動かなかったのは、探索途中で証明数/反証数が無限になったときの閾値の更新がうまくなかったのと、優越関係のハッシュサーチがれさぴょんのままで、ハッシュが一致しても結果が詰みでないときは NULL を返す実装になっていたからのようだ。

とりあえず、優越関係は実装せず、厳密に一致で判断するようにしてみた。
以前の日記で書いた詰め12は19175nodes読んで0.25秒、詰め15は687nodes読んで0.01秒で解いた!!
とはいうものの、合駒が関係するものは解けない(or すごい時間がかかる)みたい。

優越関係を正しく実装すれば、他のプログラムに「ルートでの詰み探索」は追いつくかっ?!

PR

コメント
無題
ノード数がかなり減りましたね。この数値なら納得です。
優越関係が実装できれば、合駒問題もかなりできるようになるのではないかと思います。それほど難しくはないはず。
【2007/12/11 01:03】 NAME[山田 剛@CSA] WEBLINK[URL] EDIT[]
前進?後退?
ちょこちょこ変更して、優越関係を入れてみました。
大体正しい答が返ってくるんだけど、ときどき間違った答を返してくるようになりました。
また、解けない問題はループが絡んでいるようでした。
なかなか手ごわいです・・・。
【2007/12/12 23:13】 NAME[かず] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析