忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [221] [220] [219]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

C++0x にある程度対応している gcc-4.5.0 をインストールしてみました。
環境は Windows 上の cygwin です。
まず、gcc-4 を setup.exe からインストールして、gcc-4.5.0 のソースを展開したディレクトリで以下のように実行(configure の引数は gcc -v で出てくるものを参考)。

$ ./configure --prefix=/usr --enable-bootstrap --enable-version-specific-runtime-libs
--enable-static --enable-shared --enable-shared-libgcc --disable-__cxa_atexit
--with-gnu-ld --with-gnu-as --with-dwarf2 --disable-sjlj-exceptions --enable-languages=c,c++
--disable-symvers --program-suffix=-4 --enable-libgomp --enable-libssp
--enable-threads=posix CC=gcc-4 CXX=g++-4 CC_FOR_TARGET=gcc-4
CXX_FOR_TARGET=g++-4 GNATMAKE_FOR_TARGET=gnatmake
GNATBIND_FOR_TARGET=gnatbind

$ make BOOT_CFLAGS='-O2' -j 2 bootstrap
$ make install

これで、gcc-4.5.0 がインストールされ、ラムダ式を含む簡単なプログラムをコンパイル&実行できました。

$ g++ -std=c++0x -o sample sample.cpp

最初、普通にコンパイルしようとして「ラムダ式は -std=c++0x か -std=gnu++0x をつけたときだけ有効」と怒られてしまいましたw

ラムダ式を関数の引数で受けるときは std::function を使うか、従来のfunctorと同じく template を使うらしい。
うーん、C++ むずかしす…。

※宣伝:
職場や事務所などでコピー機、複合機、レーザープリンタ等を使われていて、そろそろリース更新や買い替えを検討されている方がいらっしゃいましたら一報をお願いします。私が製品開発にかかわった複合機などの紹介をさせてください(営業担当が伺います)。
よろしくお願いします。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析