忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152]
駒番号を見ての着手生成が出来ました。
ループ回数が81回から40回に減ったことで高速化されました。
しかし、BitBoardにはちょっと追いつけそうにありません…。
・例の局面 … 66万回/秒
・初期局面 … 103万回/秒

まだ、ピン情報は未確認です。
着手による盤面の更新処理はどうしたものかなぁ~。

v飛・・歩・歩・・玉

のような並びのときに歩を動かしたときに、動かさないほうの歩がピンされた状態になるけど、これを高速に差分更新するにはどうしたらいいんだろう??
うーん、ピンは都度生成したほうがいいのかな?
PR

コメント
無題
指し手生成速度は駒番号ループだとそのくらいの数値に落ち着くんじゃないかと思います...自分の65万回/秒が多分同様の生成方法で生成時ピン判定無しの値ですから。駒の種類別 × 方向別 にunrollすれば速度upはしますが後回しでいいと思います。

ピン情報の差分更新は玉にも長い利きを持たせてみるとか?
上図なら片方の歩が動いたときv飛または玉の長い利きの延長は他方の歩で止まるわけですからその場所で味方の玉の長い利きと相手の飛び駒の利きがぶつかれば判定は可能ですよね。
速度は保障できませんが...
【2009/12/18 11:45】 NAME[まねしまねぞう] WEBLINK[] EDIT[]
なるほど!
玉から利きを伸ばすのは思いつきませんでした。
ピンの差分更新をするときに試してみます。
【2009/12/19 01:39】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析