忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[239] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

閃いたので、1手詰判定関数から手を進めて戻す処理をなくしました!
これで、テストケース100万回ループの平均が196msから140msに高速化されました!!
(テストケースは1手・3手・5手詰なので偏っていますが)
テストケースの中でのワーストは680msなので、毎秒147万局面ですね。
2005年の金子さんらの資料だと「2GHzのCPUならば毎秒200万局面近く」とあり、今回の計測は2.6GHzのCPU使っているのでやや遅い?

で、調子に乗ってピンも考慮するようにしてみたところ、1.5倍ほど遅くなった上に次の局面で「4一龍で3一馬がピンされているので3二龍で詰み」と誤判断してしまいました。
うーん、これは難しそう。
オリンピアード用には1手詰判定関数からピンの考慮を除くか…。

ピンで間違い


※宣伝:
職場や事務所などでコピー機、複合機、レーザープリンタ等を使われていて、そろそろリース更新や買い替えを検討されている方がいらっしゃいましたら一報をお願いします。私が製品開発にかかわった複合機などの紹介をさせてください(営業担当が伺います)。
よろしくお願いします。
PR

コメント
無題
相場は分かりませんが、相当速そうですね。この不詰め局面で32龍、同馬が課題なのですか・・・
【2010/09/03 04:09】 NAME[ながと] WEBLINK[] EDIT[]
閃いた!
夢で閃きました!
ピンしている駒が動いてピンが外れてしまうケースは2つ離れた位置の龍が斜めに動いて王手をかけたときに限定されるので、そのときだけ詰まないかどうか追加で判定すればいけそうです。
【2010/09/03 08:30】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析