忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今までは「不明」と返ってきていた無双第88番が最近「不詰」と返ってくるようになって、局面の入力ミスかと思って新東大将棋無双IIで調べるときっちり詰むので、探索ログを追いながら原因を探し、ようやく原因に辿りつきました。
下の図は無双第88番の途中図でここから▲4三歩とすることで詰みますが、ログにはその手がない!
図の中に赤い丸で示しているように3二の地点に先手の角が利いていますが、4三に歩を打つと角の利きを遮ることの考慮が漏れていて、打ち歩詰めと誤判断したため、▲4三歩が生成されていませんでした。

あぁ、なんというチョンボ!

無双87a5

角と同様に飛車の横利きを遮って打ち歩詰めにならない場合も歩打ちの王手を生成していませんでした。orz
このバグを見つけた瞬間、「そんな馬鹿な!」とかなり力が抜けました…。

というか一気に疲れたので、きょうはここまで。
直すのはまた今度にしよう…。

でも、こんなバグ入れ込むの僕だけじゃないよねっ?
ねっ?
PR

コメント
手生成処理内の詰み判定
手生成のときの打歩判定は、通常の詰み判定とは別に作りたくなるのが罠ですね。

実装によっては、あえて判定しないて歩を打つ手を生成して、詰みと判定して探索木をさかのぼる直前に最後の手が歩打ちだったら証明数∞扱い、とやる方が合理的かも。
【2012/01/21 23:36】 NAME[山田 剛@CSA] WEBLINK[URL] EDIT[]
Re:手生成処理内の詰み判定
ルーツのれさぴょんはちゃんとチェックしているので、こちらで作り直すときに失敗していました。
このバグがなかなか気づきにくいところにあって、今まで生き残っていたのが残念というか。
でも、寿挑戦の中で見つけることが出来たので、この挑戦は無駄ではなかったと思います。
【2012/01/22 08:42】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
最新CM
[01/20 Bradleyevece]
[01/19 TimothyErund]
[10/21 おてだま]
[10/20 おてだま]
[01/24 なのはminiふぁん]
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析