忍者ブログ
コンピュータ将棋など…。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
電王トーナメント出場ソフトを眺めつつ、過去実績重視な無責任な予想をw

決勝トーナメント出場しそうなソフトは
・Bonanza (WCSC23で1位)
・Ponanza (WCSC23で2位)
・ツツカナ (WCSC23で6位)
・習甦 (WCSC23で7位)
・YSS (WCSC23で8位)
・Apery (WCSC23で9位;選手権後にかなり伸びていそう)
・N4S (WCSC23で13位)
・Selene (WCSC23で14位)
・AWAKE (WCSC23で15位;アピール文書から伸び代がかなりありそう)
・やねうら王 (著書やブログから期待大)
って、ここまでで10ソフトか。
あとは
・大合神クジラちゃんα (WCSC23で27位;ベースをパワーアップして伸びそう)
・クマ将棋 (WCSC23で22位)
・ひまわり (WCSC23で23位)
・Calamity (WCSC23で24位;自分の希望)
から2チームくらい?!

書いてみて、決勝トーナメントに残るだけでも大変そう…。

そして、電王戦に出場する5ソフトは大本命のBonanzaを消して
・Ponanza
・ツツカナ
・習甦
・Apery
・やねうら王
と穴狙いの予想w

PR
なんとなく、自前学習が収束してきたので「ラクラク次の一手2」の216問を解かせてみました。
比較対象は激指とGPS(GPS20はCSA Vol.22の「第20回世界コンピュータ将棋選手権3位入賞記」の「216問中196問を正解した」から)。
※激指とGPS20はグラフの思考時間と関係なく固定値です。

で、見た感じ・・・駒割と fv.bin の間くらい・・・。
WCSC22の探索に Bonanza6.0 の fv.bin を使ったときは4秒の思考時間で激指10三段に近い正解数になりましたが、自前学習だと16秒の思考時間でほぼ同等の正解数。評価関数と探索の両方を強化しないと・・・。



ちなみに、今の評価ベクトルは2MB強とかなり簡略化しているので、精度が落ちていて当たり前ではあるんですが…。
「Puella αのソース公開」されました!
http://aleag.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/puella-620e.html

ほんのちょっとしか見ていませんが、やられたなぁと思ったこと(いえ、別にやられていないのですが)。
それはrotated bitboardの演算にAVXを使い 64bit×4 で1度で演算していること。

ローカルなBonanza改は真似師真似蔵さんの書き込みhttp://www.yss-aya.com/bbs_log/bbs2007.html#bbs19を参考にして、file を 63bitに押し込んで64bit演算、diag1 と diag2 を 49bit×2 に押し込んでdiagの演算をSSEを使い、64bit×2でやっていました。
rank も 63bit に押し込めば cross もSSE化できて、演算2回でできるなぁと思ってはいたんですが、やっていませんでした。orz

それはそうと「Bonanzaの王手生成」で指摘のバグは直っていませんでしたw
http://d.hatena.ne.jp/hiraoka64/20110923

うちにAVXが使える環境がないんだよなぁ…。Win7SP1はCore i5-520MでAVXなし。AVXが搭載されている AMD FX-8350はOSがWindowsXP x64で未対応….orz

※変なコメントが多いため、この記事へのコメント禁止にしました(2014/1/19)
CSAサーバに繋げて指定回数だけ対局可能なUSI対応のGUIにプチ将棋やUSI将棋があります。
(将棋所は指定回数ができない?)
で、LAN内で試すとかなりの頻度で Game_Summary に対して AGREE を返さず、何度もサーバー側を微調整しながら確認をしていたのですがうまくいかず、USI将棋はソースが公開されていたので見てみました。
ソースを見てみると「BEGIN Game_Summary」から「END Game_Summary」を1度の受信処理で受け取らないと AGREE を返さないようになっていました。

ということで、ちょっとした変更ですが、USIshogi.cs の initNet() 内の「string recv = recvData();」の部分を「recv += recvData();」に変更して while の外に「string recv="";」を置いてやります。
Visual C# 2010でビルドしてやり、USIshogi.exeを置き換えます。
これで今のところ問題なく動くようになりました。

■USI将棋
http://www.geocities.jp/shogi_depot/USIshogi.htm

USI将棋が連続対局で停まらなくなったので、PentiumG620(2.6GHz)上で1スレッド思考1秒のBona6が激指10のレーティング戦でどのくらいになるかやってみました。
⇒たいたい四段くらいでした。

Bona6_1c1s.PNG
第21回世界コンピュータ将棋選手権から持っていったまどかの御守には実は「世界コンピュータ将棋選手権 一次予選突破&二次シード&独創賞」と書いてあった。

第21回のときに「一次予選突破」と「独創賞」が叶い、第22回のときに「二次シード」が叶いました!
記載した項目が全達成したので、来年の第23回に向けて中身を更新しましたw
# 中身は内緒w

そんなわけで、強く願えば願いは叶うは本当なんじゃないかと思います。
ただ、Twitterの3月のライオンbot(@March_lion_bot)に流れてくる次の内容が的を射すぎている…。

「信じれば夢は叶う」それは多分本当だ 但し一文が抜けている 「信じて 努力を続ければ 夢は叶う」これが正解だ さらに言えば 信じて「他のどのライバルよりも1時間長く毎日努力を続ければある程度迄の夢は、かなりの確率で」叶う---だ(山崎順慶/chapter.64)

現実的に「他のどのライバルよりも1時間長く毎日努力を続ければ」というのは無理。
それどころか、選手権後から今までほとんど何も進んでいない…。
今週は期末で苦しいので、29日からがんばろう!


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
なのはの応援をしていただき、かつ協力いただける方は、アマゾンでの買い物は下のリンクからお願いします
最新CM
[04/27 とおりすがり]
[10/21 おてだま]
[10/20 おてだま]
[01/24 なのはminiふぁん]
[01/08 sakura]
プロフィール
HN:
かず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析